郵便局 年賀状印刷 2022 カタログ

スポンサードリンク

郵便局 年賀状印刷 2022 カタログ

年賀状を印刷する時期になりました。毎年のことですので、印刷の作り方も毎年パターンが決まっていると思います。

 

毎年同じところで注文しても、年賀状のテンプレートやデザインが変更になるので、毎年同じ絵柄にはなりません。

 

郵便局のファンの方は、郵便局の年賀状のカタログを元に年賀状を注文される方というのも多いのではないでしょうか?

 

一般的に、郵便局の年賀状印刷サービスはお高いという評判のようですが、気に入ったのなら仕方ありません。郵便局の他にもたくさんのサービスがありますが、郵便局と」いうだけで信用できますからね。信用の度合いが違います。

 

 

郵便局のカタログにある年賀状をネットで注文する

 

いつもは郵便局の窓口で印刷を注文しているという方で、最近パソコンを使い始めたという方がいらしたら、ネットで注文してみてはいかがでしょうか?

 

はじめはちょっと怖いという気持ちもあるかもしれませんが、このような注文はやってしまうと何ていうことはなくなります。

 

それとも、わかりませんが、年賀状を窓口で注文すると、窓口の方のポイントのようなものになり、それが成績に直結するというようなことだと、迂闊にインターネット注文に切り替えると申し訳ないですね。

 

郵便局の窓口は年末になると大混雑してくると思います。窓口の方の仕事量を減らして差し上げるためにもネット注文をしてはどうかと思います。

 

年賀状のデザインを選ぶのにパソコンの画面では小さくて見えにくいから、郵便局でもらってくるカタログの方が見やすいと思います。人によりけりですけど、パソコンの画面を見ることになれていないと、多くのものを見て比較するのは大変だと思います。

 

カタログで注文する絵柄番号を選んで、ネットで注文するということもできます。なんとしてもネットで注文をしなくてはいけないと行っているのではありませんが、そういう方法もありますという提案です。

 

 

郵便局の年賀状データ印刷

 

郵便局の年賀状印刷サービスを使うためには、会員登録をする必要があります。会員登録と言ってももちろん無料です。

 

会員登録をすることにより、自分で撮った写真を年賀状として印刷することができます。写真を印刷する方法は2つあり、はがきに直接印刷するやり方と、印刷したものをはがきに貼るタイプのものがあります。

 

注意すべき点があって、はがきに直接印刷するタイプのものは、縁があるタイプとなります。ふちなし印刷はできません。一方、印刷したものをはがきに貼るタイプでは、ふちなし印刷が可能になります。

 

このときに注意したいことは、このタイプの印刷を注文すると、当然はがきの厚さが貼り付けたものの分だけ暑くなるので、住所を印刷しようと、自宅のパソコンで印刷しようとした時に、紙詰まりになる可能性があるので注意する必要があります。

 

郵便局のサイトに住所を登録することができます。この住所は編集もできますし、登録しておけば、年賀はがきに住所を印刷してくれるサービスがありますので、自分で住所を書く必要がなくなり、年賀状作りが楽ちんになります。

 

先程のフチなし印刷のタイプを選んで、はがきの厚さが厚くなり、自宅のパソコンで印刷できなくなるなら、いっその事、差出し先の住所も印刷してもらうという方法を取れば、ふちなし印刷したものに、安心して住所を印刷してもらうことができます。

 

年が明けて、出していないところへ追加で出したいこともありますよね。そんなときもこのサービスなら安心です。年賀状を書く時間がなくても、ネットで再注文もできますから年賀状関係の作業が楽になります。

スポンサードリンク